免疫力向上

プラセンタで免疫力向上

免疫とは、人間が様々なウイルスから身を守るために機能している体内のシステムです。
腸内細胞を基にして作られており、風邪などから身を守っています。
しかし、人間は始めから免疫を持って生まれてきているわけではありません。
赤ちゃんは母乳から免疫を獲得していきますが、その効果も生後6か月ごろまでと言われています。
そこで、人間は様々なウイルスと格闘しながら、運動や食事で身体を強くし、免疫の力を高めていくのです。
一度感染すると、もう感染しない病気もあれば何度送り返して感染してしまうものもあります。
しかし、免疫の力が強いと感染しない病気もたくさんあります。

せきや発熱などはウイルスと闘っている証です。
しかし、長引く病気には抗生物質などを使用する必要があります。
しかし過度の抗生物質の投与は耐性菌を育ててしまっている現状も否めません。
特に早期保育が進んでいる日本では、耳鼻咽頭が未発達な乳幼児が、中耳炎を繰り返しています。
これは抗生物質を繰り返し投与されていることにより、中耳炎を引き起こすウイルスが耐性菌化しているためです。
今までは問題にならなかった新たな病気が登場している今こそ、安易に薬に頼るのではなく自らの身体を強くしていく必要があるのです。

そこで今注目を集めているのがプラセンタです。
一般的にドラッグストアなどで購入できるプラセンタは、ウマなどの動物由来の胎盤を使用しています。
医療機関で使用されているものは厳しい品質テストを経た人間の胎盤由来です。
プラセンタには、私たち人間の中に潜んでいる潜在的な免疫力を高めてくれます。
こちらのプラセンタの魅力についての記事も参考にご覧ください。
免疫の源になる細胞であるNK細胞や、ウイルスに対する抗体を生み出すことが出来るのです。
このような成分は、やはり命と命をつなぐ胎盤だからです。
哺乳類は胎盤から栄養や免疫を受け取っています。
この胎盤から紡ぎだされた成分だからこそ、プラセンタには人間の身体を健康へと強化するパワーがあるのです。