免疫力向上

下痢をすることがある

哺乳類は不思議な生き物です。
卵の中で守られている他の動物たちと異なり、メスの母体の中で胎児として成長していきます。
そのため、人間の場合ですと約10か月の期間を母体で過ごすことになります。
胎児は地上に出ても生きていけるレベルまで、メスから胎盤を通して栄養や免疫を獲得していきます。
そのため胎盤は非常に重要な器官ですが、出産と同時に母体から剥がれ落ち、役目を終えるのです。
胎盤は医療機関で安全性が確認されたものは使用されており、テレビコマーシャルなどで臍帯血という言葉を耳にされたことがる人も多いでしょう。
そして、胎盤本体も医療やサプリメントへと応用されています。
それこそ「プラセンタ」なのです。

プラセンタは安全性が高い成分ながら、成長因子が豊富に含まれているため、細胞の生まれ変わりを促進する効果があります。
近年アンチエイジングにおける最注目の成分とも評されているのは、成長因子があるためです。
人間の身体は常に細胞が生まれ変わっていきますが、年齢と共にそのスピードはどんどん低下していきます。
すると、肌にくすみが生じたり、シミやシワが生じたりと肌に年齢が感じられるようになるのです。
しかし、プラセンタを愛用することで細胞が再びスムーズに生まれ変わるようになり、美しさを取り戻すと言われています。

しかし、副作用が気になる方がいるのも事実です、では、プラセンタには副作用はあるのでしょうか。
ほとんどの副作用は報告されていませんが、一部気になる意見としては「下痢をした」という報告です。
これはホルモンバランスの変動にも寄与する成分のため、ホルモンバランスに変動が引き起こしているのではないかと言われています。
継続性はないのでほとんど問題がありませんが、愛用する度に万が一激しい下痢をする場合は速やかに使用を中止しましょう。
一過性のものであれば様子見で問題ありません。
寧ろ、便秘の改善の可能性もあるので、まずは経過を観察しましょう。