免疫力向上

プラセンタの原料は

みなさんは一体プラセンタがどこからきているのかご存知でしょうか。
様々な清貧タイプが存在しており、場合によっては原料が異なっています。
では、どのような原料が使われているのでしょうか。
更年期障害の改善に役立つとされている今大注目のプラセンタは、胎盤から抽出されます。
つまり、赤ちゃんと母体をつなぐ命の絆です。
この胎盤がどんな動物から使用されているのかによって、製品も異なります。

まず、価格が一番低く設定されているのはブタ由来の胎盤です。
ドラッグストアなどで販売されているほとんどの製品はブタ由来と言っても過言ではありません。
ブタはしいうがしやすい動物のうえ、多くの出産をこなせる強い肉体を持っています。
そのため比較的簡単に胎盤を入手しやすいのです。
ブタの品質によって胎盤の品質の善し悪しも異なります。
安全性の高い飼育環境が求められますので、あまりに安すぎるものは避けたほうが良いでしょう。
ブタ由来よりももっと高い効果を求めている方には、ウマ由来がおススメです。
アミノ酸も豊富なうえ、免疫力も備えていると言われており、ヒトに良い効果をたくさんもたらします。
成長因子ももちろん豊富ですので、アンチエイジング効果も期待できる製品です。
但し、出産回数がヒト並みに少ないので、価格はブタよりも高い製品が主流です。
その分安心のサラブレッドの胎盤が使用されており、安全度も高いと言えます。
日本ではまだまだ浸透していませんが、ヒツジ由来も人気です。
ヒツジは国内ではあまり飼育されていませんが、主にヨーロッパ方面ではヒツジは昔から飼育されてきました。
ヒツジの製品は日本では供給が難しい輸入制限が掛かっているためまだまだ手に入れにくいですが、販売されている製品もいくつかあるので試してみてはいかがでしょうか。

その他にも効果がもっとも高い分、ヤコブ病などに配慮して医療機関でのみの使用が許されたヒト由来もあります。
近年では胎盤に見立てた植物由来、魚由来のものもポピュラーです。
また、気になるプラセンタの副作用についての記事も合わせてご覧ください。